格安でも問題なし

私は毎月の支払いがだいたい一万円前後でした。

携帯本体料金なしでそのぐらい支払いをしていたので、多いなとこの1年ぐらいおもっていました。
最近になって格安SIMの存在を知り、普通に一万円を支払っているのがバカらしくなりました。音声ありのSIMだと通信料にもよりますが毎月の支払い金額の三分の一になりました。

いろんな格安SIMがあるのでまずは電波がしっかりつかめる会社を調べました。

値段も良く電波をつかめるIIJmioというSIMに変更しました。ビックカメラでSIMカードを即日発行できるカウンターがあり私はそこで発行しました。

事務手数料で3000円ほど初期費用がかかります。そこを抑えるためにはamazonで300円ほどでパッケージを購入できます。しかしそこからん発送から登録からのSIM発行のまでの時間は数日かかってしまいます。いつ届くがわからないので私はその場で発行できる方にしました。

発行を受付てから一時間ほどでSMを手にいれることができます。お店でやる場合は自分でSIMフリーの本体は自分で用意しないといけません。サイトでやる場合は本体セットというものがありました。

大本のキャリアはドコモになり電波は安定するというレビューがありましたが、まさにその通りでそこまで通信速度が遅いと感じたことは今までありません。地下鉄でも普通に問題なく繋がっています。

5Gで2220円のSIMにしていて翌月にあまった分は繰り越せるのでそこも良いとこであります。格安SIMのデメリットは私の使用では全く問題はありません。ただお財布機能や、キャリアのアドレスがもてない、電話代が高いといったとこですかね。電話もLINEでできるしそこまで問題はないかと思っています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です