格安SIMの参入社は増えているが、まだまだ切り替える人は少ない

この間NHKで格安SIMが特集されていたのを見ました。それによると現在参入している会社は200を超えているようですが、携帯電話利用者の7.2%しかまだ格安SIMを使っていないみたいです。

格安SIM利用者が増えることで携帯キャリアの料金が安くなることも期待されましたが、まだまだキャリアが危機感を持って本格的に値下げをする動きは見られません。

イマイチ格安SIMの乗り換えが進まないことの理由の一つに購入後のサポートが挙げられます。原則的にショップもありませんし、あったとしても東京に部分的にあるぐらいで、故障した時にすぐに代替機を受け取ることもできません。

また、ご年配の人にとっては操作が分からない時に気軽に聞きに行ける窓口がないので、キャリアの料金をサポート代も含んでいると割り切っている人も多いと思います。

携帯キャリアもショップ自体は直で運営しているところもあれば、代理店に任せているところもあるので、どこでも高品質なサービスが受けられるわけではありませんが、圧倒的に数が多いのがメリットです。

これから格安SIMの会社は通信品質はもちろんサポート面にまで力を入れていく必要があると思います。まとまった資金が必要になるので中小の事業者にとっては厳しい流れになりそうです。

サポートが不安な人はまずは大手事業者をおすすめします。元々プロバイダー事業を営んでいるところが多いので、テクニカルなサポートも受けることができます。

他にはdocomoだけでなくauの格安SIMもあるので、現状どのキャリアを使っていても今より料金が安くなる可能性があります。

auについてもっと知りたい人はuqモバイルmineo比較.bizをご参照ください。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

格安でも問題なし

私は毎月の支払いがだいたい一万円前後でした。

携帯本体料金なしでそのぐらい支払いをしていたので、多いなとこの1年ぐらいおもっていました。
最近になって格安SIMの存在を知り、普通に一万円を支払っているのがバカらしくなりました。音声ありのSIMだと通信料にもよりますが毎月の支払い金額の三分の一になりました。

いろんな格安SIMがあるのでまずは電波がしっかりつかめる会社を調べました。

値段も良く電波をつかめるIIJmioというSIMに変更しました。ビックカメラでSIMカードを即日発行できるカウンターがあり私はそこで発行しました。

事務手数料で3000円ほど初期費用がかかります。そこを抑えるためにはamazonで300円ほどでパッケージを購入できます。しかしそこからん発送から登録からのSIM発行のまでの時間は数日かかってしまいます。いつ届くがわからないので私はその場で発行できる方にしました。

発行を受付てから一時間ほどでSMを手にいれることができます。お店でやる場合は自分でSIMフリーの本体は自分で用意しないといけません。サイトでやる場合は本体セットというものがありました。

大本のキャリアはドコモになり電波は安定するというレビューがありましたが、まさにその通りでそこまで通信速度が遅いと感じたことは今までありません。地下鉄でも普通に問題なく繋がっています。

5Gで2220円のSIMにしていて翌月にあまった分は繰り越せるのでそこも良いとこであります。格安SIMのデメリットは私の使用では全く問題はありません。ただお財布機能や、キャリアのアドレスがもてない、電話代が高いといったとこですかね。電話もLINEでできるしそこまで問題はないかと思っています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

有効活用するには少しばかりの工夫が必要だった

購入した格安スマホは性能面では高級品に劣るものの、普段使いには十分な能力を発揮してくれました。

しかし、勉強のために表計算ソフトで作成したデータをウェブページの形式に変換して格安スマホで閲覧してみたときにだけ、少しだけ不満を感じました。

端末の記憶領域に保存しており、標準のブラウザではないソフトが起動して内容を確認できるようになります。

ところが、私が最も求めていた機能が搭載されていなかったのです。たとえば、小テストの問題の答えに該当する部分の背景色と文字色を白にしておき、答え合わせしたいときに当該部分を範囲指定すれば普通は文字だけが浮かび上がるような表示になります。

私の格安スマホにプリインストールされていた閲覧アプリでは実現できていなかったので、急きょ導入したブラウザで表示するように設定を変えて目的を達成しました。

格安スマホにとってはメモリを使用する割合が高くなるアプリですが、勉強のためなら少しだけ動作が遅くなっても仕方がないと考えました。

他の端末とワイヤレスで接続できる機能が搭載されていないので、データのやり取りにはケーブルを用います。いつでも使えるようにケーブルを携行する必要があるので荷物が増えますが、ポジティブに考えれば通信を傍受されない方法なのでセキュリティ対策につながっています。

最近ではパソコンで作成したデータをクラウドストレージに保存しておき、格安スマホで参照する方法を採用してケーブルを使わなくて済むようになりました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

格安スマホのワイモバイルを使ってみて

私は1年ちょっとワイモバイルのスマホを使っています。ネクサス5という機種でauのiPhone5から乗り換えました。

ワイモバイルを選んだ理由ですが、きっかけは電気屋の店員さんに勧められたという人からの勧めでした。ただスマホの料金がずっともったいないと思っていてauでは8000円くらい毎月支払っていました。

そんな時ワイモバイルにすれば2000円弱で運用できると聞きこれは検討しようと1週間色々調べてワイモバイルにしました。

ワイモバイルを選んだ理由

・料金が安い
とにかく2000円弱で毎月済むのは凄いメリットだと思いました。もしサービスに極端に不満があっても半年くらい我慢すればauに戻しても(ワイモバイルに支払う解約金など)毎月6000円(浮く)×6ヶ月で元が取れるので思い切りました。

・格安スマホの割にはアフターサービスが有りそう
ワイモバイルは他の格安スマホにはほとんどないショップがあったので、故障した時に持っていける店があるのも選んだ要因でした。

・10分以内の通話が300回できる
これがワイモバイルを選んだ最大の理由でした。
仕事で電話を使うようになっていたのでauではものすごく我慢していた細かい仕事の通話が思い切りできるのは本当に魅力です。

使ってみてのデメリット

・ネクサス5は使いづらい
安い機種だから仕方ないですが、かなり癖のある機種です。でも安いから諦めてます。
・アフターサービスは悪い
ショップは行ったことありませんが電話窓口が有料というのにビックリしました。
しかも外人が出るしちょっとのauでは考えられなかったですが安いのでこれも仕方ないですね。

機種に不満はありますが、2000円弱で通話もストレスなく使わせてもらってるので満足しています。安かろうの割には悪くないです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

格安SIMにして正解でした!

私はこれまでsoftbank、auそれぞれで2年ずつスマホを契約していました。このとき、機種代と合わせて月々7000円ほど支払っていたと思います。

ある時、偶然読んでいた雑誌の記事で格安SIMの存在を知りました。月々の通信料の高さが気になっていた私は、2年縛りの終了と同時に格安SIMへ乗り換えることにしました。

格安SIMと一口に言っても、様々な契約会社やサービスがあり、どれを選べばいいのか大変迷いました。

最終的には、月々の料金が安いこと、そして、近所にビックカメラがあることを考え、同社のサービスBIC SIMを選びました。

最初は、音声通話機能付きのライトスタートプランで契約しました。この時点で通信料は月額2000円代となり、それまで比べてかなりの割安になりました。

しかし、動画視聴などは自宅のPCで行っている私は、毎月5GBの高速通信クーポンを使い切れませんでした。ちなみに、外出時も常時高速通信状態にしていました。

そのため、現在では高速通信3GBのミニマムスタートプランへ切り替えています。通信料は月額1000円代に落ち着いています。格安SIMにする以前では信じられないような料金です。

以前まで支払っていた高い通信料はいったいなんだったのか、もっと早く格安SIMに切り替えていればよかった、と少し後悔しますが、毎月の通信料の明細を見てはその安さに満足感を感じています。

私のように、動画視聴は基本的に自宅でする方は、格安SIMに切り替えることを強くお勧めします。無駄な通信料を払う必要はありませんから。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

格安スマホの注意点

先日大手携帯3社のドコモ、ソフトバンク、AUにいって最近のスマホを物色してきました。
機種を見て驚いたのですが、どの機種も非常に高かったです。
これなら、もう数万円上乗せして、高性能PCを買ったほうがいいのではないかと思ってしまいました。

そこで、格安スマホを選択肢に加えるのもいいかもしれないと思いネットで情報を集めていましたが、中々、これといった機種はありませんでした。

理由はというと、やはり格安だけあってスペックが低い物が多いのです。
特に液晶はかなりランクが下るものが多いです。
現在私はiPhoneを使っていて、Retinaディスプレイという非常にドットの細かい液晶画面を見ています。
しかし、格安スマホはドットが非常に粗いので、どうしても画面の文字などが汚く見えてしまいます。
昔は全然そんなこと気にならなかったのに、一度いいものに慣れてしまうと、ランクを落とすのは中々難しいです。

それ以外にも、CPUだったり、メモリだったりが少ないものが多く、格安スマホで何年戦えるかと考えたら、正直、高性能なものを長く使ったほうが安上がりになるのではと思ってしまいました。

中々自分にあった、スマホが見つけるのは大変ですが、少なくともディスプレイ、CPU、メモリは使い勝手に大きく影響するので、カタログをよくチェックしています。CPUは4コア以上、メモリは2GB以上積んでいると安心するのですが、まだ中々これといった機種には出会っていません。3万円ぐらいを目安にこれぐらいの機種がでると嬉しいのですが、、、。

カテゴリー: 未分類 | コメントする